taitiro

見たり聞いたりしたこと

2011年03月

13

被災されてない方向け情報(2011-3-13時点)

twitterでも伝えていますが今のところの情報をまとめます。

デマに注意

  • 有害物質や放射能を含んだ雨が降る
  • サーバールームで被災
  • 外国人が犯罪を起こすかも
  • 地震兵器
  • 東京電力・東北電力管内以外の節電呼びかけ
  • 水道水が危ない
  • 防衛省・自衛隊が救援物資募集
  • ヨードを含んだ物を食べるべき

これら全てデマです。行政機関や報道機関が伝えた情報のみを、それが本当に行政機関や報道機関が伝えたものであるか確認した上で、信用しましょう。残念ながら大学教授などにもこれらの情報を流布する馬鹿がいます。行政機関や報道機関のみを信用しましょう。

ソース:http://d.hatena.ne.jp/seijotcp/20110312/p1

チェーンメール・非公式RTは流布しない

上記とも関係することですが、チェーンメール・非公式RTがデマや未確認情報を伝えパニックを助長しています。これらを用いるのはやめてください。

ソース:http://blog.twitter.jp/2011/03/blog-post_12.htmlhttp://www.soumu.go.jp/menu_kyotsuu/important/kinkyu01_000096.html

停電に注意

停電が行われる予定です。これに関しては流動的な状況なのでNHKなどを注視していてください。

3時間程度の停電なら冷蔵庫は大丈夫だそうです。詳しくは

などを参照してください。

但し電池や食料品などの買い溜めとかはしないでください。被災者や病人など本当に必要な人に物資が渡りませんし、パニックが起きるおそれがあります。

ソース:、http://twitter.com/NHK_PR/status/46904414354677760

節電にご協力を

多数の発電所が被災し発電できないため電力が不足しています。東京電力・東北電力の人々は節電にご協力を。

節電に使えるテクニック

  • 東京電力・東北電力の管内以外は特別な節電の必要はなし
  • 18時から19時が電力消費のピークタイムのため最も節電重要。洗濯機・炊飯器・電子レンジは特に使う時間をずらしてください。
  • 情報は一つの機会から受け取るようにしてください。テレビよりラジオのほうが消費電力は少ないです。ただし何かあったときのために一つは情報を受け取る機械を動かしておいてください。
  • 必要ないコンセントは抜いてください。
  • 冷蔵庫は設定温度弱めで、詰め込みすぎないようにしてください。但し停電予告がある場合はむしろ「強」にしておいてください。
  • 暖かい格好をして、カーテンを閉じるなどして、暖房機器使用を少なくしてください。

ソース:http://setsuden.yahoo.co.jp/

支援物資より義援金

今は何が必要かすらわからず、また交通も寸断されているため支援物資の募集はほぼ行われていません。募集が行われるまで待ちましょう。

それより義援金を寄付することはおすすめします。義援金は以下のサイトで募集されていますし、それ以外のサイト・団体でも募集されています。

しかし訪問募金や街頭募金は詐欺の可能性があるので注意してください。信頼できるところかどうか自分で確かめましょう。

僕も2000円ほど上記のサイトで寄付しました(ドヤ

ボランティアはいま必要なし

現地への交通が寸断されているため、ボランティアはまだ不要です。今は必要になったときに備えておくだけでいいです。

献血は様子見

【被災地以外でできる支援】献血/血液製剤の有効期限は短い。血小板は採血から4日間、赤血球が21日間。日本赤十字社は「献血が一時期だけに集中するよりは、安定的に血液を確保できる方が助かる」。献血は通常どおり、被災地をのぞく血液センターや移動バスなどで受付。血小板の方が需要が多い。

ソース:http://twitter.com/Asahi_Shakai/status/46477043667439617

引き続き最新情報に注意しながら、一人ひとりが出来ることをしましょう。無駄なことはしないようにしましょう。但し心に余裕を持つことも重要です。また、今だけでなく、継続的に支援をしようとすることが、これから一番重要です。

12

amamakoは無事です

別にtwitterでもばりばり更新しているし、都内にいると書いている僕が心配されるとは思ってないけど、一応書いておきます。

被災された方々については心からのお見舞いを申し上げます。

TVなどでもさんざん流されている情報ですが、注意喚起のためにこのブログでも改めて書いておきます。

情報の真偽について

地震から時間が経ち、デマが発生し始めています。災害の時に一番怖いのはデマと集団心理によりパニックが起きることです。テレビ・ラジオ・新聞などの信頼できる情報に基づいて行動してください。

信頼できるtwitterアカウントを示しておきます。

また、自分のアカウント、http://twitter.com/amamakoでも信頼できる情報を厳選して伝えています。

例え善意であっても、未確認情報・デマをネット上で流布することにより混乱が起き、結果として助けられる命を助けることができなくなります。特に不安を煽る「○○が危険!というような情報は、それが一次ソースからではない限り、絶対に流布しないようにしてください。

被災されている方へ

確認には災害伝言ダイヤルや、NHKの安否確認、googleの安否確認(http://japan.person-finder.appspot.com/)などをお使いください。

津波警報はまだ継続しているので、高台や3階以上のコンクリートなどのしっかりした建物に避難して、警報が解除されるまでは絶対に海・川・自宅などの様子を見に行ったりしないてください。現在必死で救助を行っていますが、下手に動き回られると逆に救助しにくくなります。また、余震にも注意してください。夜になっても照明などに直火を使うのは避けてください。一番怖いのは火事です。

原発関係で様々な情報が流れていますが、一番怖いのはパニックによる混乱です。テレビ・ラジオ・防災無線などの信頼できる情報を見聞きできるようにし、警察・消防・自衛隊・役所などの公的機関の指示に従ってください。一人の勝手な行動が全体に迷惑をかけます。

日本国全体が総力を挙げて、また世界の各国でもあなたを助けるために全力を尽くしています。どうか希望を持って、落ち着いて生き延びてください。

被災されてない方へ

今地震が起きていない地域の人も、日本は全ていつどこで大きな地震が起きてもおかしくない国です。持ち出し袋などの確認をしておいて、タンスなどが倒れてこないかどうかも確認。特に夜寝るときはタンスなどが倒れてこない部屋で、防災頭巾・ヘルメット・毛布など頭を守れるもの、そして底の厚い靴を身の回りに置くようにしておいてください。

地震が起きたら落ち着いて身の安全を確保、特に頭を守ってください。慌てて外に飛び出ると瓦・看板などが落ちてきて大変危険です。火の元確認は揺れが収まってから、行ってください。また、山・崖の近くに住んでいる人はなだれ・がけ崩れなどに十分注意して、場合によってはためらわず避難してください。特に普段と変な音・様子がしたら警戒してください。

現在様々な発電所が停止して電力の供給が足りなくなっている状況です。特に関東の人々は、夕方には電力が足りなくなるおそれがあります。電力が足りなくなると停電をしなければならなくなり、その場合医療用機器も停止してしまうおそれもあります。

何かできることはないかということで、献血をしようという人もいるかもしれませんが、献血については情報が錯綜しています。とりあえず現時点(2011年3月12日15時)での情報のまとめとしては、今は献血は十分。しかし現地への輸送手段が整っていない。一度献血したら数週間は献血できないので出来れば月曜日以降に改めて、そしてその後継続的に献血にきて欲しい。ということ(http://togetter.com/li/110720を参照)ですが、刻々と状況が変化しています。出来ればご自身で、最寄りの献血場所(http://www.jrc.or.jp/donation/)に電話で問い合せてください。

ボランティアなどは現時点ではまだ現地への輸送体制が整っていないため必要ないという意見が多数を占めています。拙速に行動して、逆に迷惑を掛けることがないようにしてください。これは援助物資についても同様です。阪神大震災の時は不要な援助物資が逆に現場に負担をかけました。献血・ボランティア・援助物資については情報がまとまり次第twitterアカウントなどで随時伝えたいと思います。

一番良いのは義援金をおくることです。Yahooやはてななど、様々な所で義援金が募集されています。

http://volunteer.yahoo.co.jp/donation/detail/1630001/index.html

http://d.hatena.ne.jp/hatenacontrib/20110312/1299904670

その他に出来ることとしては、まず普段どおりに生活を送ることです。今回の地震で日本経済全体がかなりのダメージを受けました。また復旧・復興には大変な努力と、かなりの時間がかかります。まずは普段どおりに生活し、経済を回し、英気を養って、今後の困難に備えてください。

最後に

今回の地震は世界的に見れば、もちろん甚大な被害ですが、「これだけの地震でよくこれだけの被害で済んだなぁ……」というものだそうです。これは被災された方・されてない方がそれぞれ全力を尽くした結果と言えると思います。しかし本当に辛いのは被害の全容が分かる今後です。繰り返しになりますが、デマなどに惑わされてパニックなどにならないよう、落ち着いて行動してください。

コメントされた記事
QRコード
QRコード
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

天原誠と申します。ブログもやってるよhttp://t.co/i5gvwKBAij Last.fmもやってるよhttp://t.co/JJEVXOIZcn
記事検索
著作権表記
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
見たり聞いたりしたこと by Taichirou Kosugi is licensed under a Creative Commons 表示 - 継承 2.1 日本 License.
blog.livedoor.jpにある作品に基づいている。
このライセンスで許諾される範囲を超えた利用の可能性については以下のアドレスもご覧下さい。 http://profile.livedoor.com/taitiro/
  • ライブドアブログ